恋人

「婚活」といってもいろいろな形があり、中でもここ最近一般的になりつつあるのが婚活サイトと婚活パーティーです。ここでは、それぞれどんな特徴があるのか、婚活サイトが婚活パーティーよりも良いと言えるのはなぜか、解説していきますね!

婚活サイトとは、ネット上のマッチングサービスです。会員が自分の顔写真やプロフィールをアプリ内にアップして、いいなと思った人同士メッセージのやり取りをし、気が合ったら連絡先を交換して実際に会う、という流れです。それに対して婚活パーティーとは、複数の男性・女性で出会えるようセッティングされたもので、自己紹介やフリータイムなどの時間が設けられています。

婚活サイトと婚活パーティーのメリット・デメリット

婚活サイトも婚活パーティーもそれぞれメリット・デメリットはありますが、婚活サイトのほうが良いと言える大きな理由は、婚活サイトは金銭的な面でも時間的な面でも節約になるという点です。婚活パーティーが開かれるのは、比較的大きな都市が多いです。

地方在住者の場合、そこまで出ていくのに時間と交通費がかかります。パーティーの参加料は男性なら1回4~5,000円、女性でも2~3,000円ほどかかり、時間も最低1時間から2時間はかかります。しかもそこでは何人もの初対面の異性と気を遣って話をしなければならないので、結構疲れます。そこでお互い気が合う人が見つかり、連絡先の交換や次回の約束でもできればまだ行った甲斐がありますが、実際はそううまく行かないこともしばしばです。

パーティーよりも婚活サイトがいい!

婚活サイトなら忙しい仕事の合間を見て、あるいは自宅でネットに接続し、公開されている写真やプロフィールを見て、これはと思う人にアプローチをかけるだけ。アプリ内のメッセージ機能でやり取りして、お互いに気が合えば「会ってみようか」となるので、実際に会った時には最初から話が盛り上がる可能性が高くなります。

婚活サイトにもよりますが、ルックスだけではなく自分の性格や価値観、趣味などから相性のいい人をマッチングしてくれるので、やみくもに婚活パーティーに参加するよりも相性のいい人に会う確率も高まります。